公益財団法人滋賀県産業支援プラザ

【3/11】「企業のDX推進セミナー」
ものづくりIoT研究会 第2回定例会×企業人材のDXスキル強化支援事業 事例発表会

日時
2024年3月11日(月)14:00~16:30
受講料
無料
2024年2月7日掲載

滋賀県産業支援プラザおよび滋賀県では、企業、大学、公設試験研究機関等が相互に事業活動におけるAI・ IoTの活用に関する情報提供や意見交換、交流の場を設け、技術力の向上やビジネス機会の創出に取り組んでいます。

本セミナー・定例会は、AI・IoTの最新情報や取り組み状況などの情報を提供することにより県内中小企業製造業の生産性のさらなる向上に繋げていくことを目指して開催します。

内容

特別講演
平山 京幸[アルム株式会社 代表取締役]
「ジェネレーティブAIと完全自動化がもたらす製造業の未来」
・NCプログラムをはじめ切削加工の全行程を完全自動化するアルム
・7月1日から開始したARUM Factory365とは何か
・アルムが目指す完全自動化とは何か

講師プロフィール

ARUMCODE、TTMC、MMOPなどのプロダクト構想、採用技術の選定、要件定義・システム監修。製造AIのアルゴリズム開発。建築士として鋼構造の強度計算AI解析ソフトウェアを開発。2006年にアルムを創業し、自動車や半導体の大手メーカーの工場(日本、中国、東南アジア、欧州、北米、中南米含む)をハードウェア、ソフトウェアのODM開発を手掛けてきた。2014年より製造AI「ARUMCODE1」の開発を着手。切削加工業界において「完全自動化」の領域を確立。

企業人材のDXスキル強化支援事業 事例発表
事例1
株式会社ミヤジマ
「機械加工工場の設備稼働状況の見える化による生産性の向上」
事例2
ワボウ電子株式会社
「DX推進による海老の陸上養殖システムの最適化とDX人材育成」
事例3
株式会社日吉
「購買の仕組み作り及びRPAを活用した業務改善推進」

開催概要

日時 2024年3月11日(月) 14:00~16:30
場所 コラボしが21 3階 大会議室(大津市打出浜2-1)≫アクセス
※駐車場はご利用できませんので、公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください。
定員 70名(先着)
参加費 無料
主催 しがオープンイノベーションフォーラム「ものづくりIoT研究会」
公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ
滋賀県工業技術総合センター「AI活用の裾野を広げる技術開発と人材育成事業」

お申し込み

下記ボタンからお申し込みページへ進んでください。(ボタンを押すと別のウィンドウが開きます)

お申し込みページ

  • お申し込みページは、イベント管理システム「evawat」を使用しています。
  • お申し込み時にいただいた個人情報につきましては、本セミナーの実施、調査・分析の他、滋賀県産業支援プラザからの各種ご案内・情報提供にのみ利用させて頂きます。
  • キャンセルの場合は、電話等によりご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ先

(公財)滋賀県産業支援プラザ
連携推進部 イノベーション推進課 担当:井上・西川・川井

TEL:077-511-1414 FAX:077-511-1418

E-mail:ino@shigaplaza.or.jp

新着情報

新着情報一覧

セミナー一覧
(掲載日順)

イベント・公募一覧
(掲載日順)

HOME > 新着情報 > 【3/11】「企業のDX推進セミナー」 ものづくりIoT研究会 第2回定例会×企業人材のDXスキル強化支援事業 事例発表会

Project Siteプロジェクトサイト

滋賀ものづくり企業受発注マッチングサイト「Lim/s」

イベントカレンダー

滋賀県よろず支援拠点

メールマガジン

コラボしが21

BizBaseコラボ21

企業の取り組み事例

【プラザ情報誌】うちでのこづち

滋賀県産業支援プラザから
最新の情報を発信中!

ページ
先頭へ