公益財団法人滋賀県産業支援プラザ

産業支援プラザに対するアンケート調査結果(令和元年度)

2020年8月5日掲載

調査目的

産業支援プラザは、皆様方の身近な相談支援機関として、発展段階に応じた地域に密着した顔の見える支援を行っています。

このたび、産業支援プラザをご利用いただいた企業を対象に、御意見、御要望をお伺いし、今後の支援の参考にさせていただくため、アンケート調査を実施しました。

調査方法

  • 対  象:産業支援プラザの支援事業を利用したことのある企業
  • 実施方法:アンケート用紙を郵送
  • 回答方法:FAX、もしくはホームページから
  • 実施期間:2020年3月26日(木)~4月10日(金)(回収4月28日まで)

  • 総回答数:216件

調査結果

活用した支援

(表)令和元年度(2019年度)に活用した支援事業(複数回答可)
支援事業名 担当課 回答数
(322件)
割合
①専門家派遣事業 経営相談室 50
②窓口相談事業 30
③受・発注のあっせん 販路開拓課 16
④ビジネスマッチング会(商談会) 74
⑤創業・起業支援 創業支援課 26
⑥しが新産業創造ネットワーク ものづくり支援課 25
⑦サポイン事業 25
⑧医工連携ネットワーク事業 医工・成長産業振興課 37
⑨その他 36

令和元年度(2019年度)は回答のあった217社の企業様に、のべ322件の支援事業をご利用頂きました。回答のあった企業様のうち約半数の企業様が複数の支援をご活用頂いたことになります。

活用頂いた主な支援事業は、ビジネスマッチング会(商談会)が74件(23%)、専門家派遣事業が50件(16%)、医工連携ネットワーク事業が37件(11%)でした。

満足度

プラザの利用による満足度については、回答のあった200社のうち「大変満足している(34%)」、「満足している(63%)」と回答頂きました。支援策別では「大変満足している」の割合が多かった事業は、サポイン事業(60%)、窓口相談事業(53%)、創業・起業支援(50%)でした。

「やや不満」、「不満」と回答頂いたのは17社(8%)で、コメントで寄せられたご意見では、書類の複雑さや相談後のアフターフォローなどに関する改善の要望や、セミナーの充実や今後のつながりに関する期待を求める声がありました。

満足した支援内容(支援策別)

満足した支援内容(支援策)では、支援策によって差異はあるものの、「親身になった丁寧な支援」、「関係者や関連機関と連携した支援」、「あらゆる問題、課題への支援」が概ね高い評価を頂戴しました。

評価の低かった、「相談から問題、課題解決までの一貫した支援」、「専門知識、技術による支援」、「軽いフットワーク」については、積極的なバックアップや支援機関としての安心感をより期待頂いていることが分かりました。

調査結果を受けて

今回実施したアンケートでは、プラザの支援事業を利用された216件の企業様にご協力を頂き、多くの貴重なご意見を頂戴することができました。心より感謝申し上げます。

産業支援プラザの支援事業に対して90%を超える企業様に満足・大変満足とご回答頂きましたが、やや不満・不満とお感じの方が3%いらっしゃることを真摯に受け止め、また今回ご回答頂けなかった企業様の無言のご意見がこの背景にあることを忘れず、支援機関としてより頼れる存在となるよう努めてまいります。

なお、今回頂いたすべてのご意見ご要望は、産業支援プラザ全体で共有し、より効果的な支援事業と満足度の向上を目指し、業務改善に活用してまいりますので、今後とも滋賀県産業支援プラザを宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ先

(公財)滋賀県産業支援プラザ 情報企画課
TEL:077-511-1411
E-mail:jouhou@shigaplaza.or.jp

滋賀県産業支援プラザ

公益財団法人滋賀県産業支援プラザについて

各種相談

目的別に探す

プライバシーポリシー

サイトマップ

リンク集


HOME > プラザについて > 産業支援プラザに対するアンケート調査結果(令和元年度)

Project Siteプロジェクトサイト

滋賀県大津市企業情報ビジネスマッチングサイト

ミラサポPlus

イベントカレンダー

滋賀県よろず支援拠点

メールマガジン

コラボしが21

滋賀県プロフェッショナル人材戦略拠点

新型コロナウィルス関連の支援策等

BizBaseコラボ21

企業の取り組み事例

プラザの動画【YouTube】

【プラザ情報誌】うちでのこづち

滋賀県産業支援プラザから
最新の情報を発信中!

ページ
先頭へ