公益財団法人滋賀県産業支援プラザ

令和2年度「製造現場へのAI・IoT導入促進補助金」採択結果について

2020年11月5日掲載

公益財団法人滋賀県産業支援プラザでは、製造業の人手不足の深刻化に対してデジタルツールを利活用した生産性の向上が急がれる中、AI・IoT機器等の導入促進を行うことにより県内中小企業者のモノづくり産業の基盤強化を図ることを目的として「製造現場へのAI・IoT導入促進補助金」の2次公募を行い、この度、3社が採択されましたので、お知らせします。

採択企業一覧

補助金交付事業者 事業計画名 概要
日伸工業株式会社 プレス加工直後のインライン検査による不良数削減及びロス時間削減 現在はプレス加工後、オフラインの目視検査を実施しており、この段階で不良を発見すれば、客先への流出は防げるが、仕掛品の不良増加は防げない恐れがある。今回、プレス加工直後にインライン検査機構を組込み、目視検査工程より早い段階で、重欠陥不良を発見することで、仕掛品における不良を削減する。また、ネットワーク経由で情報をリアルタイムに取得することで、重欠陥発生時の対処時間のロスを少なくすることが出来る。
株式会社日吉 IoTを活用した工業薬品タンク残量把握及び配送管理の効率化 現在は顧客主体で工業薬品タンクの残量を管理しているため、顧客の発注タイミングが把握できず、注文に都度対応をしている。そのため配送計画が立てにくく労働時間の長期化、緊急対応が発生している。そこで顧客保有タンクに残量把握センサーを設置、IoTを活用して残量を当社で把握することで当社主体の配送計画を実現し、生産性向上につなげる。また顧客タンクの発注点を顧客へ通知することで、顧客・当社事務の効率化を実現する。
株式会社ミヤジマ ボードドロップハンマー鍛造熟練技術の見える化 ボードドロップハンマー鍛造は、職人が勘と経験で機械操作を行い成形する熟練技術で支えられている。IoTにより、熟練工による操作及びモノの動きの情報を収集し、それらのデータを解析・分析することで熟練技術の見える化を行い、中でも最も重要な「加工エネルギー付与」と「加工完了判断」について機械操作目標値を明らかにすることで、熟練技術の確実かつ速やかな伝承の実現と、それによる生産性と安全性の向上を実現させる。

お問合せ先

(公財)滋賀県産業支援プラザ 連携推進部

TEL: 077-511-1424  FAX:077-511-1418
E-MAIL:iko@shigaplaza.or.jp

新着情報

新着情報一覧

セミナー一覧
(掲載日順)

イベント・公募一覧
(掲載日順)

HOME > 新着情報 > 令和2年度「製造現場へのAI・IoT導入促進補助金」採択結果について

Project Siteプロジェクトサイト

滋賀県大津市企業情報ビジネスマッチングサイト

ミラサポPlus

イベントカレンダー

滋賀県よろず支援拠点

メールマガジン

コラボしが21

滋賀県プロフェッショナル人材戦略拠点

新型コロナウィルス関連の支援策等

BizBaseコラボ21

企業の取り組み事例

プラザの動画【YouTube】

【プラザ情報誌】うちでのこづち

滋賀県産業支援プラザから
最新の情報を発信中!

ページ
先頭へ