公益財団法人滋賀県産業支援プラザ

合同会社シンプレストの事業計画が事業可能性評価委員会“めきき・しが”においてAランク評価を受けました!

2016年3月22日掲載

 3月8日に開催した第41回(通算)事業可能性評価委員会において、合同会社シンプレストの「ワイヤレス温度監視システム『Tensens(テンセンス)』の開発による酒造業務管理システムの事業拡大」の事業計画がAランク評価を受けました。


中山久司副理事長(左)と合同会社シンプレスト 代表社員 宮川 英之 氏(右)

1.内容

◇合同会社シンプレスト
「ワイヤレス温度監視システム『Tensens』の開発による酒造業務管理システムの事業拡大」


 Aランク評価事業の概要はこちらに掲載しています。


<評価された点>
  • 酒造業界では初のワイヤレス温度監視システムと酒造業務管理ソフトとの連携で、製造工程での業務の効率化や品質管理の向上を図ることができ高く評価できる。
  • 長い経験に基づいた堅実な事業計画であり、実現可能性も高い。また、その収益性も高く評価できるものである。

2.事業可能性評価委員会“めきき・しが”について

(1)委員会の目的

 創業者や中小企業者の求めに応じて、その事業化に向けてのシーズ、技術の先進性、ノウハウの独自性・発展性等、事業の可能性を評価し、更に将来性のある事業に対して総合的な支援を行い、大きく育っていただくことを狙いとしています。

(2)平成27年度第2回委員会
①日時・場所平成28年3月8日(火)午後2時00分から4時00分 コラボしが21
②内容 ・委員会は、中谷吉彦(なかたに よしひこ)立命館大学グローバル・イノベーション研究機構教授を委員長に、企業経営者や学識経験者等から成る委員11名で構成され、上記のとおり開催しました。
・評価は、A・B・Cの3段階評価で行い、技術の先進性、ノウハウの独自性、市場性等事業の可能性について評価しました。

お問い合わせ

(公財)滋賀県産業支援プラザ 経営支援部 「経営相談室」
TEL:077-511-1413 FAX:077-511-1418
e-mail:keiei@shigaplaza.or.jp

新着情報

新着情報一覧

セミナー一覧

イベント・公募一覧

HOME > 新着情報 > 合同会社シンプレストの事業計画が事業可能性評価委員会“めきき・しが”においてAランク評価を受けました!

Project Siteプロジェクトサイト

滋賀県よろず支援拠点

滋賀県観光情報

コラボしが21

しが産業生産性向上経営改善センター事業

しがウェルネスファーム

【プラザ情報誌】うちでのこづち

滋賀県企業情報検索市場

[新しいウィンドウが開きます]ビジネスカフェ あきんどひろば

ミラサポ

滋賀県大津市企業情報ビジネスマッチングサイト

滋賀県産業支援プラザから
最新の情報を発信中!

ページ
先頭へ