2021年度 滋賀の企業支援ガイドブック|公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ
133/156

3. 新事業や経営革新に取り組みたいICTで地域課題を解決したい 情報通信技術(ICT)の手法を活かして課題を解決しようと、滋賀県立大学では「地域ひと・モノ・未来情報研究センター」を設置しています。スマート農業・スマート看護・スマート観光・スマートファクトリーという、地域振興に必須の4本柱を据え、企業の皆様等とともに課題の解決に具体的に取り組み、その成果を滋賀モデルとして全国に発信することを目指しています。 ICT(情報通信技術)の手法を用いて課題解決に取り組もうとされている方  滋賀県立大学地域ひと・モノ・未来情報研究センター問い合わせ先公立大学法人 滋賀県立大学 地域ひと・モノ・未来情報研究センターTEL:0749-28-8421(138ページ No.44) 地域ひと・モノ・未来情報研究センターでは、地域の皆様、企業の皆様との連携のもと、ひとづくり・モノづくり・未来(農業・看護・観光・ファクトリー)づくりをテーマにICTの手法を用いた課題解決に向けた研究や数理・情報専門人材の育成に取り組んでいます。 セミナー等による情報提供を行うほか、個別相談(企業様が取り組まれる課題へのICT手法の適用など)も随時受け付けています。<研究> 取り組みテーマ<教育> 実用的なICTを学べる大学院副専攻ICT実践学座 “e-PICT” を開講しています。 本学大学院生のほか、幅広い職業の社会人へのリカレント教育も実施します。自ら実習テーマを提案して、勤務先の業務に直結するスキルを身に付けることも可能です。趣旨・目的対象となる方支援内容131資金面 の支援・優遇措置情報・アドバイス の提供  技術・製品の 改善・開発面 の支援販売・取引面 の支援131

元のページ  ../index.html#133

このブックを見る