2021年度 滋賀の企業支援ガイドブック|公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ
131/156

3. 新事業や経営革新に取り組みたい しが医工連携ものづくりネットワークは、医療分野での中小企業振興のため、大学・研究機関や企業の技術を活用し、行政・支援機関、金融機関など相互連携をはかるものです。産学官金の交流を活性化させ、知恵と技術を結集させることにより、汎用的な医療機器から高度医療機器まで、また部材供給から完成品まで、その事業化に向けた取り組みを強化することを目指しています。1.講演会・交流会   医療機器の開発に役立つ最新の情報を得るため、研究者・医療関係者、企業の医工関連事業の担当者、特徴ある技術を持つ当ネットワークの会員による講演会を行います。講演会の終了後、参加者間の交流を深めるための交流会を行います。2.しが医療機器ビジネス研究会   滋賀県内に本社または研究開発拠点をもち、新規医療機器開発に取り組んでいる企業、並びにこれから取り組もうとしている企業、あるいは医療機器開発に独自の技術や部材を提供しようと考えている企業など、中小企業限定の研究会です。医療ニーズ、シーズの情報や会員相互の技術情報交換などを通じ、医療分野の新規ビジネス発掘の機会を促進し、中小企業の振興を図ることを目的としています。3.医療機関との交流   滋賀医科大学附属病院等の医療機関と連携して、企業と臨床医が直接交流できる場を提供し、医療ニーズの説明や現場見学など、医療機器開発に欠かせない臨床現場の知識を学ぶための機会を提供します。4.産学官金連携によるプロジェクト   国などの補助金による大型の研究開発プロジェクトの構築を目指し、産学官金連携をコーディネートします。5.医工連携コーディネーターによる支援   医療機器開発に関連する様々な相談に対応します。 企業、大学・研究機関、金融機関、医療機関、行政・支援機関 等医工連携の促進および医療関連分野に参入したいしが医工連携ものづくりネットワーク問い合わせ先(公財)滋賀県産業支援プラザ 連携推進部 医工・成長産業振興課 TEL:077-511-1424(139ページ No.53)滋賀県商工観光労働部 モノづくり振興課TEL:077-528-3794(137ページ No.16)趣旨・目的対象となる方支援内容129資金面 の支援・優遇措置情報・アドバイス の提供  技術・製品の 改善・開発面 の支援販売・取引面 の支援129

元のページ  ../index.html#131

このブックを見る