HOME > 産学官・技術開発 > しが医工連携 > 医工連携ニーズ・シーズセッシ…

医工連携ニーズ・シーズセッション

しが医工連携ものづくり産学官連携拠点 医工連携ネットワーク形成事業
~医工連携ニーズ・シーズセッション~

 滋賀県では文部科学省および経済産業省が実施する地域中核産学官連携拠点に「しが医工連携ものづくり産学官連携拠点」として採択され、医工連携分野への進出に意欲的で多様な分野の企業で構成する「しが医工連携ものづくりネットワーク」を組織し、その事業化に向けた取り組みを進めています。
 その一環として、地域イノベーション戦略支援プログラム(グローバル型)の成果および「しが医工連携ものづくりネットワーク」参画企業のシーズ・情報等の展示を行い、産学連携および産産連携によるマッチングの場を開催することにより、医工連携強化を図るとともに新事業創出を目指します。

日 時 平成24年(2012年)3月26日(月)
 第1回 12:00~13:30
 第2回 15:00~15:45
場 所 大津プリンスホテル コンベンションホール淡海 2階  アクセス
(滋賀県大津市におの浜4-7-7  TEL 077-521-1111)
参加費 無料 (お申込みは不要です。)
主 催 公益財団法人滋賀県産業支援プラザ、滋賀県
後 援 滋賀医療機器工業会
滋賀医科大学、立命館大学、長浜バイオ大学
(独)科学技術振興機構JSTイノベーションサテライト滋賀、滋賀バイオ産業推進機構
内容 ◆しが医工連携ものづくりネットワーク参画企業・機関の展示
 医療分野への進出に意欲的で多様な分野の企業で構成する「しが医工連携ものづくりネットワーク」参画企業等の24社が自社の技術を出展します。

    出展企業一覧 (クリックすると拡大表示されます。)

◆地域イノベーション戦略支援プログラム(グローバル型)の成果の展示
 地域イノベーション戦略支援プログラム(グローバル型)では、文部科学省から補助を受け、平成22年度から3年間「いつでも・どこでも高度先端医療」をテーマに産学官連携による研究開発を行っています。その成果についての展示を行います。
 ・超微量生体標本分析技術が拓く高度先端医療の研究開発
 ・体腔鏡手術ロボティック技術が拓く高度先端医療の研究開発

●詳細は案内チラシをご覧下さい。ダウンロードはこちらから

※同時開催  平成23年度研究成果報告会
 ・開催日時:平成24年(2012年)3月26日(月) 13:30~17:10
 ・特別講演
  「医工連携ものづくりに基づいた今後の医療機器開発について」
   国立循環器病研究センター 研究開発基盤センター長
   研究所 副所長  妙中 義之 氏
 ・地域イノベーション戦略支援プログラム(グローバル型) 成果報告
詳細はこちらから→http://www.shigaplaza.or.jp/iko_h23kenkyuseika/

お問い合わせ先

公益財団法人滋賀県産業支援プラザ 新事業支援部 新事業支援グループ
〒520-0806 滋賀県大津市打出浜2-1 コラボしが21 2階
TEL:077-511-1414
FAX:077-511-1418
e-mail: shin@shigaplaza.or.jp

  • しがウェルネスファーム
  • 滋賀発の産業・雇用創造推進プロジェクト
  • 滋賀ものづくり経営改善センター事業
  • [新しいウィンドウが開きます]プラザメールマガジン
  • “いいね”な情報をお届けします!プラザフェイスブック
  • 【ギャラリー貸出し】自社の商品を展示しませんか?
  • 【プラザ情報誌】うちでのこづち
  • 滋賀県企業情報検索市場
  • [新しいウィンドウが開きます]ビジネスカフェ あきんどひろば
  • ミラサポ
  • 滋賀県大津市企業情報ビジネスマッチングサイト

イベント/セミナーカレンダー

2016年7月
26 27

あなたの起業を応援するビジネスカフェ 「夢を実現する時間管理」

2016年6月27日

28

第15回(平成28年度 第1回) しが医工連携ものづくりネットワーク会議

2016年6月28日

29 30

リスティング広告活用セミナー ~商品・サービスの価値を求めているお客様に届ける方法~

2016年6月30日

1 2
3 4 5 6

しがビジネスマッチング会 in 大津 【受注企業を募集します!】

2016年7月6日

7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
=イベント開催日(クリックしていただくとイベントをご覧いただけます)
携帯サイト

カラーバリアフリーサービス「UDcolorView」

色覚障害の方、視力の弱い方は、このツールをご利用ください。

ページトップへ